真紀のアセンションブログ



天孫降臨ツアー

 「天孫降臨ツアーに参加して」


前日の夜、中一の娘が風邪で熱をだしてしまい、

参加があやぶまれたのですが、

娘が「行っといでよ。パパいるから大丈夫。

どうせ寝ているだけだし」と言ってくれた一言で、

参加することができました。


娘はアカデミーとは無関係ですが、

私がこのツアーの参加を決めて間もなく

ツアーの地のラーメンを食べていたせいもあるのでしょうが、

「私は天孫降臨の地に降り立ってみたいの」

と言い、私をすごく驚かせました。

娘は今どきの子で「やばくない〜!」の言葉づかい、

それが降り立つと確かに言ったのです。



今回の天孫降臨の地では、根源の子供である

自分達であること。

壮大な神話のお話でありながら、中今にあることを

確実に実感ができて、大きな歓びとなりました。



飛行機の上空から彩雲や地上から放射される光、

そしてこの日の元を見ながら、地に降り立ち、

光の中にいるような、ただ幸せという神聖な場、

そこから太陽へ向かって還っていく。

日の元にいる子供として、しっかり結びをしたような感動で

いっぱいです。



分け御魂をいただいた子であるありがたさと、

そのつながりがいかに強固なものか、

それと連動するように娘との親子のつながりも確信でき、

親子とは決して切れることのない最強のものであると、

あらためてわかりました。



帰りの飛行機で見た、雲の隙間からの何本もの夕日の光は、

天からの柱が地上を美しく照らしていました。

その柱一本一本が根源まで続く私達の本来の姿であると思います。



結局娘の熱はその夜だけで、私が家に着く日は

しっかり遊びに行ってました。

子供は実はたくましくもあるようです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
           

categories

recent comment

真紀のお薦めBooks
          

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

           

profile