真紀のアセンションブログ



患者さんに教えられること

 いつも明るくて

スタッフのお母さんのように

時々、超おいしい料理を持ってきて

おすそわけしてくださるNさん

彼女は自分は週三回の透析、御主人は糖尿で足を切断されていて

御主人の介護も頑張っています。

とてもパワーがおありで

このパワーは御主人のために頑張っているところが

源かと思っていましたが

介護の愚痴ではなく、明るさかなと今は思っています。

御主人が足を切断された時はこんなこと言えなかったけどね。

と言って教えていただきました。

今は足がないのも時々息子に

虫にくわれなくていいじゃないか

と言われていると

家族中が深刻にならずに、個性として受け容れ

前向きなのだな〜と思いました。

一見すると、ブラックジョーク

でも それで笑える心の余裕と何よりの

家族の信頼ですね。

息子さんが本当はとてもお父さんを気にかけているのが伝わってきますし

明るくしようとしている感じに

介護をしているお母さんにも頑張れのエールを送っている

そしてそれがわかっている両親

素敵なご家族のなかにおられる素敵な患者さんです。

明るくするのも愛だな〜と教えられます。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
           

categories

recent comment

真紀のお薦めBooks
          

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

           

profile