真紀のアセンションブログ



テニスの名言

こんばんは ひさしぶりに暑かったですね

テニス界では 錦織選手の快挙にテニスファンじゃなくても

うれしいですね。

私も 高校の頃 軟式テニスをやっていました

当時は「エースをねらえ」をテニス部全員が読んでいました

その中で 忘れられない

名言があります


福田雅之助さんの言葉です

1897−1974 テニス選手であり 評論家
大正11年第1回全日本選手権シングルスに優勝。12年から3年連続デビス-カップ戦に出場


この一球は絶対無二の一球なり

されば身心を挙げて一打すべし

この一球一打に技を磨き体力を鍛へ

精神力を養ふべきなり

この一打に今の自己を発揮すべし

これを庭球する心といふ



テニス仲間から教えてもらったことは

相手と戦うのではなく、相手は自分である

試合中 心に弱さがでると 自分の打つボールにでて 打った球が短くなる

また おごりがでると 打った球がコース外にでる

なるほど と思いました

白球を追いかけた 青春です===

今これを見ると

アセンション的にもあてはると思いました

アセンションにあてはまらないものは 一つもない とはまさしくだと思います

中今 と 統合 そのもの の素敵な名言だと思います













 


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
           

categories

recent comment

真紀のお薦めBooks
          

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

           

profile